読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

この雰囲気は久しぶり

早いもので、もう1年の3分の1が終わりました。

怖くなるぐらい時間の流れを早く感じるのは歳のせいなのか。と、同じことを繰り返し書くのも歳のせい?

さて、今日から最終下校時間が6時半になり平日は1年で一番練習ができる月に入りました。

今日は1FでPTA総会が行われ、休憩で下に降りていけないので県春季大会出場者3年生8人と2年生4人の12人のみの練習に。

それでも4台では2人に1台とはいきませんが、1台をダブルス、1台を半面使用で全員が入れ大会前の貴重な練習になりました。たぶん。

練習

ダブルス・・・ミスしないで入れておけば勝てる時期はもう終わっています。積極的にミスさせにいかないと。それと自分たちの得意なパターンに持ち込むためにはツッツキ一つとっても相手もよく見てコースをもっと考えないと。

シングルス・・・緊張感を持って練習に取り組まなと、本番でびびっては力が出せませんよ。「緊張したから」というのは言い訳にもなりません。相手も条件は同じです。

3年生はもう新しいことはできません。今持っている技術の確実性を高める練習しかありません。ゲームオール10対10で使えますか、できますか?

練習でいくらできても、それは「出来る」とは言いません。大会で使えるようになって始めて出来ると言えますよ。

見極め

部活のゴールは県総体です。

ですから3年後、5年後に結果が出るような練習はできません。

例えば中ペン粒高なら裏面や反転攻撃ができればそれに越したことはありません。

ただ県総体に使えるようになるかは個人差があります。そこを見極めないと無駄な練習になってしまいます。

裏面の練習をする分、ブロックの練習に充てるほうが良い生徒もいますし。

そして残念ですが高校ではほとんどの生徒が続けませんし、明日の2点、3点より今日の1点が欲しいです。

さて2年生のバックハンドドライブや〇〇(秘密)は1年後に使えるようになるのだろうか?

もっとも、そうするのが自分の役目なんですけどね。

f:id:pinponone:20170501205216j:plain