読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

3時からの練習は暑かった

まだ4月初旬。

それでも午後3時の練習開始時は22℃、雨模様で湿気があり気温以上に暑さを感じた。

練習中の生徒たちの顔も赤くなっていた。寒さが懐かしい。

そしていつものようにいつもの練習。

上手くなる練習方法・・・そんなものは無い。きっと。

新入部員定番の「球突き」はほんとうに「感覚」練習になるのか?

うちもやっているがそれは単なる「つかみ」の意味だけ。それで「感覚」が養え卓球上達に役立つとは考えていない。

台が空いてるのに打たずにそんなことをしているのならもったいない。

台を空けてまですることって何かあるのだろうか?

もしあれば教えて欲しい。ただし「中学部活女子卓球」において。

なぜその練習をするのか?その練習が試合でどう役立つのか?

問われても答えられるように私はなりたい。願望だ。

暑さのせいでまた妄想妄言が・・・修行が足らないな。

f:id:pinponone:20170407214256p:plain