卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

4/5春休み最後の練習

明日はもう始業式。

あっという間に終わった春休みの練習でしたが、皆は上手くなったのだろうか?

まあ、練習したからといって、すぐに結果が現れるものではありませんが、県総体までには間に合ってほしいものです。

練習
  • 春休みの課題「動けるようになる」を各自10分✕2コマ。
  • 中学部活女子卓球の命「ツッツキ」だけのゲームを1ゲームマッチでリーグ戦。
  • 2年生は新入部員に備えて「球出し」の練習
  • 「春休み海遊館お土産争奪トーナメント戦」
  • 「昨日の敵は今日の友ダブルス戦」トーナメント戦1回戦の対戦相手をペアにしたダブルスのトーナメン戦。

中学の部活は卓球をするために入ったと言うよりも、まず「部活がしたい」が先にあって、たまたま選んだのが卓球部だった。「友達が入ったから」とか「先輩が優しそうだったから」とか消極的な理由も多い。

そこが卓球クラブや高校の卓球部と違うところです。

だから温度差も当然生じます。

「動く練習」も手抜き・・・足抜きか?しょうと思えば幾らでもできるし、足の動かし方を教えるよりも必死に動かす気にさせることができれば100%指導できたということでしょう。

さてそれが出来ているかはわかりません。永遠の課題です。

f:id:pinponone:20170405195132p:plain