読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

12/12の練習はきっと頑張ってやってくれたでしょう

感想・雑感

5分もあれば学校に行けますが、さすがに練習時間が20分では冬季の平日練習は顔を出せていません。去年は終わってから町の体育館で1時間弱練習することもありましたが今年は工事中のためそれができません。

若者は未来に生き老人は過去に生きる

外部コーチに就いてから自分の中学時代はどうだったかな?と考えることが多くなりました。ちょうど前回の東京オリンピックが開かれた時ですから記憶も薄れ、本当にそうだったのかと問われると、自信がありませんが。

まあこのブログ自体が「妄想」と「思い込み」で成り立っているからそれでいいでしょう。

  • 誰と戦ってるのか?ボールじゃなくその先の相手と戦わないと・・・とよく生徒に言いますが、さて自分はどうだったのかと言えば何も考えてなかったように思います。相手が倒れていても思いっきりスマッシュしてミスするタイプだったような。
  • バスケはシュートが入らなくても失点にならないが、卓球は入らないと失点になる。ミスせず入れ続ける限り相手に点をやらないのだから凡ミスしないように!・・・これも自分はロングサーブを出してスマッシュ!の「神風卓球」だったからミスの多かったこと多かったこと。
  • 目標を持って練習すること、チームの目標は「近畿総体出場」です。・・・う~んこれも目標を持ってやってたかな~思い出せない。最後の大阪府総体は大阪市大会で団体優勝し出場したが2、3回戦で負け。個人もあと1回勝てば近畿だったから16かな。目標を持って頑張っていればもう少しやれたのかも、府総体で優勝したのは市大会で勝った学校だったから余計にそう思うのかな。

 

ということで中学時代の自分を反面教師として指導していることにしましょう。

 

この年になって未来のことを少し考えることができるのは外部指導者に就いたおかげです。

ありがたいことです。

f:id:pinponone:20161212215453p:plain