読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

新1年生を教えるために、あらためて卓球本を読み返しています

卓球用具・道具 感想・雑感 技術・戦術

外部コーチになってから「指導方法」の参考にしようと、卓球本を何冊か購入しました。10冊以上は買ったでしょうか?

正直言って「うーーーん?」という本もありました。

その中で初心者の中学生を教えるには、ピッタリだったのが卓球王国刊の「卓球3ステップレッスン」です。 

卓球3ステップレッスン

卓球3ステップレッスン

 

 著者は中学校で長年指導されている大橋先生です。あらためて読み返しても「初心者指導」のヒントになることがたくさん書かれています。

腑に落ちたことは、いくつもありますが特に「フットワークでは足の順番を気にしすぎない!」です。たいていの指導書は1歩動、2歩動、3歩動の説明をするのに、まず動く方向の足をウンウンかんぬんとか、書いていますが、初心者がその通り足を動かすのは大変難しいと感じていました。

ですから「動きたいように動いたらええねんで」と言ってましたから、これを読んで安心?しました。

そして続編の「卓球3ステップレッスン2」では「中学校部活女子卓球」に、とても多いスタイルの「カットマン」が50ページ「粒高」が30ページ、また、団体戦の要「ダブルス」についても35ページ書かれています。

卓球3ステップレッスン〈2〉

卓球3ステップレッスン〈2〉

 

 特に参考になったのは「強くなる練習の考え方」です。

  • 練習効果を上げるコツ
    *「つなげるボールか」「決めるボールか」を明確に
    *「ワンコースはほどほどに」初心者もランダム練習を
  • 練習メニュー&計画の作り方
    *卓球台の少ない時のポイント
    *練習時間が少ない時のポイント

学校によって練習環境や選手のレベルが違いますので、アレンジして、より効果的な練習にすることが大事だと思います。