読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

新入部員のラケットを考えてみた(暫定)

気が早いと思われそうですが新入部員のラケットをある程度決めました。

まあ、なんやかんやと色々考えることが自分自身のモチベーションの維持にも繋がるわけでラケット以外のことも順次作成中です。

ラケット一覧

f:id:pinponone:20160310171741j:plain

A・・・ブロックマンⅡは初めて使います。カールP1Rは1年生が使っていますが変化がつけやすく、コントロールも特に難しそうにしていないのでこれにします。

 

B・・・1、2年生は松下浩二ディフェンスです。今年は攻撃のことも考え松下浩二を、ラバーは裏々のいつもと同じ定番のタキネスです。

 

C・・・裏と粒の異質。小柄な部員と勝手に想定しラケットは軽量、粒は使いやすいP3Rを。

 

D・・・ラケットもラバーも部の定番でいつもと同じ組合せです。

 

E・・・1年生が中ペンで使ってます。軽量で弾みすぎず使いやすいので今回はシェークで使います。

 

F・・・2年生が使っています。軽量で両面にラバーを貼っても振り切れます。今年は裏面の粒高を活かしたプレースタイルを考えています。ただしペンを使いたいと希望があればということで中ペン攻撃は無理には作りません。

日ペンでも良いのですがグリップを削るのが難しくて、あまり削らなくてよい中ペンを使います。自分は日ペンで今までに20本以上のラケットを使いましたが満足いくグリップになったのは3本ぐらいしかありません。まあ、負けるたびにグリップを削ったことも原因ですけどね。

 

AからEまでは必ず作る戦型でG、Hは入ってきた部員を見てから考えます。アンチ使いやカットマンや中ペン粒高が2人になる場合があります。

戦型の決め方

入部後1週間以内で決めてしまいます。

1、守備型と攻撃型があること等を説明する。

2、各戦型の先輩達を見る。

3、中ペン粒高→カットマン→攻撃型(異質やペンを含む)の順番で本人が希望して決めていきます。ダブった時は話し合い&ジャンケン。

4、戦型が埋まらない時は説得?してやってもらいますが、そこまでいったのはこれまでに1人だけでした。

去年は多すぎてこの通りやってないかもしれません。

今でも記憶に残っているのは「性格が攻撃型だから卓球は守備型がしたい」と中ペン粒高を選んだ生徒がいたことです。エースになって攻撃型のような熱い試合をしてくれました。性格≒戦型ではないことを教えられました。

 

2年前(現3年生)も用意万端整えていたのに入部したのが2人だけで、がっかりしました。

6年間の平均入部者は8.5人。

そして6年間で退部したのは転校を除くと1人だけです(退部してからも応援によく来てくれました)。

さて今年はこの一覧表が埋まるのだろうか?それとも足らない?