卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

世界で最初の粒高使い、張燮林選手

張燮林VS高橋浩選手

中学女子部活卓球に欠かせない粒高ラバー(昔はイボ高と呼んでいました)を最初に使ったと言われているのが中国の張燮林選手。

現在では見られないペンのカットマンです。

その当時は粒高ラバーの性質を誰も知らなかったので「魔球」「魔術師」と呼ばれヨーロッパや日本の選手が簡単に負けていたそうです。

高橋浩さん

その張燮林に勝ったのがこの動画の高橋浩さんです。世界チャンピオンに3回なったあの荘則棟にも勝ち越しています。

非常に合理的な卓球で当時では珍しい前陣速攻両ハンド型で特にバックハンドが素晴らしかったです。

大学時代に書かれたものがわたしの練習⑨高橋浩 試合で勝つための練習|卓球レポート公式サイトで読むことができます。考え方が合理的です。