卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

県(府)総体も様々

県大会出場を目標に頑張っている学校も多いと思いますが近畿各府県によって出場できる学校数や近畿総体代表を決める方法が違います。()内は女子の数。

各府県の状況 

大阪府:地区予選有り。団体(48校)、個人(64人)

兵庫県:地区予選有り。団体(32校)、個人(64人)

京都府:地区予選有り。団体(10校)、個人(32人)

和歌山県:地区予選有り。団体(16校)、個人(64人)

滋賀県:地区予選有り(27校)、個人(90人)

奈良県:地区予選なし(48校)個人戦は各校4名+春季大会のベスト32(249人)

奈良県も以前は予選があって本校の北葛城郡は団体1校、個人8人でした。
しかし予選なしで48校は少ないな~

こうして見ると京都府の10校が一番厳しいかな?兵庫も学校数からするとハードルが高いな。

 

近畿総体2校の選出方法

大阪府:トーナメントでベスト8決定→4校に分けてリーグ戦→リーグ1,2位による決勝トーナメント

兵庫県:トーナメント戦(いわゆる一発勝負)

京都府:トーナメントと敗者復活戦方式(本戦で対戦した相手と再試合はしない)

和歌山県:京都府と同じ

滋賀県:トーナメントでベスト4決定→4校で決勝リーグ戦

奈良県:滋賀県と同じ

どの方式がベストなのかわかりません、大阪府は理由があると思いますが「苦心」された方式です。

 

他のところはどうなんだろうと、手始めに北と南を調べました。

北海道

団体18校、個人128人

北海道の「全道大会」は全中の予選も兼ねています。全道大会まで地区、地域予選を何回か経るのでしょう。

3校のリーグ戦→上位2校が決勝トーナメントへ→ベスト4でリーグ戦→3校が全国大会へ。団体戦を3日間かけて行われるのには驚きました。

沖縄

団体24校、個人70人

3校のリーグ戦→1位が決勝トーナメントへ→ベスト4でリーグ戦→2校が九州大会へ

大会は3日間ありますが1日目は4時半から「開会式」のみです。北海道と同じく交通事情等で集まるだけでも大変でしょうね。