読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

やらないこと2(トレーニング)

技術・戦術 感想・雑感

やらないこと1は素振りでその2です。

トレーニング

体力トレーニング、体幹トレーニング、神経系トレーニング等様々なトレーニングがありますが、トレーニングは一切していません。

ランニングも一度もしていません。

冬季の練習前、体育館が開くのを待っている間に体を暖めるため「ジョギング」をする程度で、それも「ランニングちゃうから速く走らない、お喋りしながら走りや」と言ってます。

ですから「部活対抗駅伝」はいつも最下位です。

やらない理由は
  • 時間がもったいない→台を空けてまでやることではない、とにかく打ちたい
  • 「部活中学女子卓球」に必要性を感じない
  • 「体力不足」でパフォーマンスが悪くなったことがない
  • トレーニングに関する専門的知識がないためトレーニングによる故障が怖い、昔ウサギ跳びをさんざんさせられ、バテるから水飲むなと言われた世代です。今の常識も先でどうなるかわかりません。
  • まだまだ技術が未熟で体力や筋力等の不足が上達の妨げになるまでに至っていない

外部コーチに就いた最初の日、夏の暑い時期なのにランニングから始まり、縄跳び、腹筋、ネットタッチ、素振り・・・いつになったら打ち始めるのかいな?そして台についた時は既にバテバテで集中力が低下している。

何のためのトレーニング?トレーニングの目的は?トレーニングすることが「目的」になってると思い、一切のトレーニングを止めました。

このようなトレーニングにかぎらず「手段の目的化」にならないよう練習も自問自答しながらやってます。

当たり前ですが「トレーニング」することは悪いと言ってるわけではありません、良いことです。

ただ限られた少ない練習時間ですから全部打球練習に当てたほうが効果的だと思っているからです。

そしてここで書くことはあくまで「部活中学女子卓球」のことです。

入部してから2年3ヶ月後の県総体というゴールを目指す道はいろいろありますが、信じる道を行くしかありません。