読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

チャレンジシート

卓球用具・道具

練習方法

練習試合で他校を訪れる機会も多くありますが試合しかしないので、普段どのように練習しておられるのかがわかりません。

楽ですぐに上手くなる「魔法の練習」は無いのでコツコツと基本練習を積み重ねていくしかありません、それぞれの学校で工夫されていることでしょう。

本校の試みの一つに「チャレンジシート」があります。

1年生のチャレンジシート

今年の1年が入部してすぐに渡した「チャレンジシート」です。

目標が目に見え、上達度が確認できるのでモチベーションが向上するのではと考えています。

f:id:pinponone:20150801081327j:plain

 次は現2年生に1年生の夏休み前に渡したものの一つです。

目標課題は戦型や上達度によって生徒個々で変えています。

f:id:pinponone:20150802040654j:plain

f:id:pinponone:20150802040946j:plain

まだまだ初心者ですから課題がミスなく続けることが多くなっていますが「続けること」は「目標」であって「目的」でありません。これは生徒にも繰り返し言っています。

そしていわゆる「続ける練習」は夏休みで終わり、それ以降はやりません。

正直言って作成に時間がかかるため昨年はチャレンジシートもこれで終わってしまいました。1年生に№2を作って渡さないとと思いつつまだ渡せていません。

 これが上達にどれだけ役立ったかわかりませんが、やらないよりは良かったかなと思っています。

 

チャレンジシートを作成しようと思ったのはこの本を読んだからです。
これなら絶対強くなる ステップ方式卓球上達論

これなら絶対強くなる ステップ方式卓球上達論

 

 

 その他

*「魔法の練習」をご存じの方はコメント欄で教えてください。

*チャレンジシートの「判定委員」とは私のことです。

*1年生と2年生が試合をする時のハンデを決める「ハンデ委員会」の委員長にも私が就いています。(現在は対戦相手によって0点から6点までになってます)
今この時点でハンデ0点は喜んでよいのか複雑な気持ちになります。