卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

きょうは練習試合

このブログはモチベーションの維持と忘備録を目的に書いています。

今日の練習試合はブログを読んで申し込みをいただき行うことができました。このブログも役に立つことがあります。

大阪から寝屋川第5中学校をお迎えしての練習試合は、力が拮抗し白熱した試合続きでした。

生徒たちも刺激を受け、これから一層練習に励んでくれることでしょう。

そしてなかなか出場機会に恵まれない3年生や2年生もたくさん試合ができ有意義な練習試合になりました。

気が早いですが新チームを担う2年生が結構健闘していました。

寝屋川5中の皆様、遠いところをお越しいただきありがとうございました。

きょうの1年生

練習試合のため専用台は1台のみ。

審判や球拾い等で打つ時間は多く取れませんでしたが、確実に上達しています。

そろそろ戦型別に練習内容を変えないといけません。

きょうから粒高はプッシュを始めました。

攻撃型はツッツキ打ちをしようと思いましたが時間が足りず次回に持ち越しです。

 

連休最後の明日は休み。

来週から学年ごとに交代で休むことに、月曜日は3年生が休みます。

去年も同じことをしていますが部活休養日が定められておらず週1日で済みました。この週2日休みは影響がでるかも。

f:id:pinponone:20170414201503p:plain

 

県春季大会団体戦感想

3連覇達成できました。

去年、一昨年と連覇した今年の卒業生たちが応援に来てくれた前で、また優勝カップを持って帰ることができて良かったです。

自分自身は嬉しいと言うよりも、ほっとしたというのが正直な気持ちです。

他校は12月の新人大会に比べ随分と強くなっていました。

試合内容も「3点を力強く取った」とは言えなく、いつもの「3点は取られなかったから負けなかった」という苦しい勝ち方です。

県総体まで2ヶ月半、今日見えた課題を修正し、あと一伸びしないと更に苦しくなるのは目に見えています。

ここからが正念場です。

結果

3-0五條東

3-0斑鳩

3-0香芝北

3-1畝傍

決勝戦 3-2平群

f:id:pinponone:20170506043801j:plain

県春季大会個人戦感想

本校の結果

3位:1人

ベスト8:1人

ベスト16:2人

ベスト32:0人

結局、県総体の推薦出場が4人、去年より1人減りました。残念です。

32入りで惜しい試合もありましたが、まあそれを言い出すとキリがありません。

そして3位入賞は立派です。

準決勝で優勝者に2-1とリードし、4ゲーム目も7-3リードから逆転されたのが惜しかった。が、それが勝負です。

それから2年生がベスト16に入り、戦型がシェーク裏々なのも特筆に値します。

県総体出場リーグ戦は激戦に

来週から県総体出場枠4人を決めるリーグ戦を始めます。

*推薦を除く3年生9人のリーグ戦上位5人

*推薦を除く2年生8人のリーグ戦上位4人

この9人で最終リーグ戦を行い上位4人が出場します。

推薦出場が少ないので激戦になりそうです。

f:id:pinponone:20170504222753p:plain

県春季大会前日の練習

明日の大会に備えての練習、、、と言っても普段の練習を淡々とするだけで特別なことはしていません。

県春季大会個人戦

小学校からの経験者が新入生として登場する最初の大会。

そして組み合わせが当日発表のため対策もとれず、予想がつきません。

ベスト32以内に入ると県総体の出場権が得られます。

去年は5人、今年もそれぐらい入ってほしいものです。

県春季大会団体戦

去年、一昨年と優勝していますが同じ優勝でも全然違います。

一昨年は主力が3年生1人と2年生5人でしたから、誰も優勝の「ゆ」の字も考えてなかったです。ベスト4に入って県総体のシードが取れればラッキー程度に思っていました。

しかし勝負とはわからないもので100回すれば1勝99敗は確実の対戦相手に勝つし、その1勝がこの時に起きたのです。

その勢いのまま決勝戦も勝ち、何が起こったのか?優勝の実感もなかったですね。

「勝ちに不思議の勝ちあり」です。

去年はそのメンバー5人が残っていましたから優勢のはずが大苦戦。マッチポイントを何度も凌いだ末の優勝でした。

さて、新入生が入って戦力も変わっているし今年はどうなるのかな?

きょうの1年生

9人参加。

春季大会の前日ですが3~4台を専用台に先輩たちに相手をしてもらいました。

半面使用なので動く系や切り替えが出来ず単純な練習しかできません。

今はとにかく「量」です。

そして後でじっくり見られるよう久しぶりにビデオ撮影をしました。

  • バックハンドブロック
  • フォアロング
  • ツッツキ
  • カット
  • 1ゲームマッチのゲーム練習

f:id:pinponone:20170503201914j:plain

まだ10本の壁を突破できませんがボールの質は良くなった。

f:id:pinponone:20170503203228j:plain

結構続くようになりました。初めて100本突破。

これは先輩の力が試されています。

練習場はもう真夏

温度計は30℃を超えていました。

練習場に春と秋は無く、真夏か真冬しかありません。

汗をかきかき、しんどい思いをして練習をしても上手くなるのとは何の関係もなく、空調が効いているところで練習するほうが良いのは決まっています。

スポーツの上達に必要なのは根〇ではなく根〇です。

ホワイト部活?

平日は8台使える火曜日以外4台32人で回すのは無理です。狭い練習場に32人集まるとビッグバンが起きそうです。

ということで今月から平日は木曜日の一斉休みの外に学年ごとに1日休むことになりました。週休2日です。

これに朝練禁止、1日練習禁止、休日の月2日休み、早退を合わせると練習時間、量ともに多いとは言えませんが部活はそれでいいのかもしれません。

練習

相変わらず目が行き届きません。

半面使用や1台使用、1年生の相手をなるべく公平になるよう組み合わせを決めるのが精一杯。

もっとも、これを生徒に任せると、あーでもないこーでもないと、将棋のコマを動かすがごとく長考に沈むことになり練習が始まりません。

ですからこれはこれで重要な仕事になっています。

きょうの1年生

2台を専用台に、全台を使っての「1年生タイム」を設け、できるだけ多く打てるようにしているつもりですが・・・

えーっ、どうしよう?これでいいのか?

で囲んでいるのは私が相手をしたもの。それでも16と30とはこれ如何に。

f:id:pinponone:20170502203938j:plain

先輩たちを調べると

今年の卒業生も2本とか3本もあって気休めにはなります。

どこをどうやれば2本になるのか不思議です。この数字から2年3ヶ月後の姿は全く想像できません。

f:id:pinponone:20170502205211j:plain

3年生も10本以下が多いが24本もあります。

f:id:pinponone:20170502210203j:plain

1年生も現時点ではこれでしかたがないのかな。