読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

4/4の練習はお休み

練習が休みだったので1月の1年生合同練習会や先日のランキング戦などを撮ったビデオを見ていました。

ビデオの活用

毎日のように練習を見ていると、上達具合がわからなくなりますが、ビデオを見ることによって3ヶ月前の合同練習会より、随分上手くなっていることが確認できました。

またランキング戦を撮れば後で確認できますから、他の練習を主に見ることが可能になります。

見ているようでも練習場で起こっていることの10分の1も目に入ってないと思います。練習場全体を撮って後で見られたらいいのでしょうが、カメラを置く場所がなく、2台分撮るのがやっとです。

6年間のビデオを保存していたHDDが壊れたのは返す返すも残念。

ビデオで気づいた事をすぐにメモしないと忘れてしまうのには困ったものです。もうすぐ忘れたことも忘れてしまうようになるのかな。

新入部員定番のラケット

今年もこれにしようかな?

佳純ベーシック

f:id:pinponone:20170404193748j:plain

ラティカライト

f:id:pinponone:20170404194443j:plain

スワット5PW

f:id:pinponone:20170404195306j:plain

この3本。5枚合板、重くなく価格も手頃・・・佳純ベーシックは去年か一昨年に値上げしましたけどまだまだ手頃。

ラバーはどうしようか?

最初からテンション系ならこれかな。

f:id:pinponone:20170404201033j:plain

粒高はどれにしよう?カットマンのラバーは、ラケットは?

こんなことを考えている時が一番楽しいのかもしれません。

4/3の練習

明日は休み、春休みの練習もあと1日。きょうも前半は動く練習を主にしました。

目一杯動けるように、いつもの1コマ10分を8分に設定、バックブロック対フォアンドで3/2面ランダムのフットワークを6コマ。

「必死にボールを追いかけてコケた子は今までおらんかった、コケるぐらい動いてほしい」

「⚪⚪さんがコケたことがありますよ」

「いや、あれは単に足がもつれただけや」

そんな他愛のない話から始めたわけですが、怪我が怖いのでコケてはだめですよ。

全体的に動きがよくなったような気がします。

そして基本練習をゲーム形式、全面と半面のハンデをつけたゲームなど
  • ツッツキだけのゲーム
  • 半面でフォアハンド対バックハンドでゲーム
  • 粒対粒を全面(3年)対半面(2年)でゲーム
  • 全面(3年)対半面(2年)でゲーム

ツッツキを安易にミスしなかった。いつもそれぐらい集中して練習してくれたらね。また、ただ入れるだけでなく高さに気をつけながら長短、コース、回転の変化等で相手にミスさせるようにしてください。

部活紹介まであと10日

今年の入学式は8日(土曜日)、対面式(部活紹介)が13日ぐらい。

3年生が入学した時の部活紹介で「ランニングが無い、トレーニングが無い・・・」と先輩たちが言ったらしい。

13人も入った原因はもしかしてそこにあるのだろうか?

それは本当のことだが、今年は絶対にそのことは言ってはいけない。

厳しくてしんどいクラブと言いましょう。

いや、それはそれで嘘になるからだめか。

まあ皆のことですから6~8人入ってくれる部活紹介を考えてくれるでしょう。

f:id:pinponone:20170403201832p:plain

4/2の練習

きょうは先週に続き午前に自主練習、学校の練習は午後から。

自主練習

部活とは関係なく練習したいと思う者が参加する自主練習に2年生4人が参加。

先週は2年生2人。これぐらいの人数なら多球もできるし、目も届きます。その分欠点もよく見えてくるんですけどね。1人でも参加者がいるならこれからも続けていこうと思います。

学校の練習

いつもは同じ練習を一斉にすることは無いのですが、きょうはバック対フォアハンドで3分の2面「動く」練習を4コマやりました。

「動く」ことは「目的」ではなくボールを打つための「手段」だから早く動けてもタイミングを合わせないとミスします。

2年生はこの練習を多くしていたので動きが大変よくなりました。別に足が速くなったわけではなく戻りが早くなった結果そうなったのでしょう。

以前は自分が打ったボールが入るよう念力を送っているかのごとく、見つめていたり、体操競技のようにフィニッシュの姿勢のままじっとしていたり。

自分はエスパーでも体操選手でも無いことにようやく気がついたのでしょう。

その後、基本的な練習をカウントを取りながらゲームとしてやってみました。

  • ツッツキだけのゲーム
  • バック対バックのゲーム
  • 半面で粒対粒のゲーム
  • 半面バック対粒のゲーム

緊張感が保てて良かったかな。またいろんなパターンを考えておきます。

顧問の先生が転勤されました

4年間顧問を務められていた先生が転勤になりました。

卓球未経験、卓球部を持つのも初めてでしたが顧問に就いてすぐにラケットを購入され球出しも熱心にしていただきました。

また全中で富山県、後藤杯で愛知県、つい先日は選抜で山形県に、その他大会では神戸、和歌山、大阪等に生徒たちを引率されました。初めてのことで大変なご苦労があったと思います。

顧問の先生がいらっしゃらないと「部活」は成り立ちません。

生徒たちも部活ができるのが当たり前と思わず、感謝の気持ちをもって接して欲しいものです。

4年間ありがとうございました。

f:id:pinponone:20170402211336p:plain

今日から2年は3年生に、1年は2年生に無事進級できたようです(リーグ戦が終わりました)

県春季大会出場者決定リーグ戦の結果が出ました。

決定リーグ最終結果

f:id:pinponone:20170401184600j:plain

1位 2年攻撃

2位 3年カットマン

3位 2年P粒

4位 2年カットマン

5位 2年攻撃

6位 3年攻撃

2年生が4人出場とは、いつの間にそんなに力をつけたのだろうか?

たしかに1年生大会当時と比べ、上手くなったとは感じていましたが、この結果は全くの予想外。

ただ、同級生には勝つが、3年生に負ける者、その反対の者が綺麗に分かれています。

なぜそうなるのか、わかりません。

 

その後、申込みに校内ランキングが必要なので推薦の5人と1位になった2年生でリーグ戦を行いました。

申し込みランキング順を決めるリーグ戦

f:id:pinponone:20170401191722j:plain

ここでも2年生が1勝し、負けてもゲームオールだったり大健闘です。

3年生は2年生に負けたくないと気合が入った試合をしていました。去年は逆の立場でしたからこれは順番です。

過去にも下級生が追い抜くことは何度もありましたが、ほとんどが「守備型」で、シェーク裏裏のオーソドックスな攻撃型は初めてです。

結局、県春季大会(個人戦)は3年生7人、2年生4人で挑むことになりました。

ベスト32以内に入ると県総体の出場権が得られます。

県総体は各校4人ですから1人でも多く出られるよう頑張って欲しいものです。

きょうは練習が休みでした

毎年3月31日は練習が休み。

新入生を迎える準備のため資料を探していたら、前にブログに載せたものが出てきました。

記録することで真剣味も増すし、記録が上がればモチベーションも上がるだろうと思い毎年書いています。

*今年の卒業生

f:id:pinponone:20170331191649j:plain

*2年生(明日から3年生)

f:id:pinponone:20170331192441j:plain

*1年生(明日から2年生か、早いなー)

f:id:pinponone:20170331193609j:plain

フォアロングが10本どころか2本や3本しか続かないのを見ていると、大丈夫なのだろうかと不安を通り越し恐怖感を覚えるのがこの時期です。

そして続ける練習は1学期まで。ですから1、2年生は今まで練習でフォアロング100本続けたことが無いかもしれません。

チャレンジシート

去年の物を使おうかな。

仮入部の時点で渡していたとは気が早い。

しかし、渡したけどちゃんとチェックしたのだろうか?記憶がありません。

3/30日の練習(卒業生が来てくれた)

今年の卒業生が2人来てくれました。

練習もマンネリ気味になっていたので助かりました。

2年生は自分たちがどれだけ強くなったのか試合をしてもらい測れたでしょうか?

と言ってもラケットを握っていなかった卒業生に負けるようでは・・・負けてましたけど。

県内の高校卓球部は女子がいないか、少数で団体が組めないところも多いから続けるのが難しいところがあります。

1年生ランキング戦終了

f:id:pinponone:20170330202537j:plain

また順位が大きく変わりました。

  •  接戦が多かった
  • 凡ミスが少なくなった
  • ラリーの回数が2、3本増えた
  • サーブがまだまだ単調
 春季大会出場者決定リーグ戦

f:id:pinponone:20170330203530j:plain

県新人大会でベスト32以内に入った2年生5人は、別枠で出場が決まっておりリーグ戦に入っていません。

1年生同士は試合せず、ランキング戦の結果を引き継ぎしています。

同点が多くてわけがわからなくなってきましたが、残り1試合の勝敗がどちらでも決まっていますね。

それにしても1年生が2年生を相手に、こんなに勝つとは想像できなかったです。エレベーターゲームでは下り専用なのに、何が起こったのか。2年生にプレッシャーがあったのかな?

特に同級生に3敗しながら2年生に全勝、トップになった1年生は理解不能です。

明日は休み、次の練習から2年生、3年生と呼ばないといけませんね。

3/29の練習

昨日に引き続き県春季大会出場者決定リーグ戦を行いましたが、個人戦に出られるのが7人から6人に減り競争率が少し上がりました。

リーグ戦表

f:id:pinponone:20170329184208j:plain

昨日2年生に歯が立たなかった1年生が今日は打って変わって連戦連勝。どうなってるのか、わけがわかりません。

なぜダブルスが好きなのか?不思議だ

大人の女性はダブルスが好きです。練習でダブルスの試合はしてもシングルの試合をしているところはめったに見ません。

生徒たちは既にその因子持っているのかダブルスが大好きです。

常々、ダブルスやりたいと目線で訴えたり、「ダブルスがしたいな~」と聞こえるようにつぶやいていますが、無視するか聞こえないふりをしていました。

直接言われた時は、関西人伝家の宝刀「まあ、考えとくわ」でごまかしていた。

今日も課題練習中に言われましたが、全国選抜の「ご褒美」ということでOKを出したところ実に楽しそうにやってました。みんなほんまにダブルスが好きです。

平成29年度奈良県中学校卓球大会実施要項

H29年度大会要項

f:id:pinponone:20170329135434j:plain

例年からの変更点

  • 春季大会個人戦の各校割当人数が7人→6人
  • 県中学選手権(全国カデット予選)14歳以下の部7人→6人
  • 県総体団体戦が男女別の日に行われ個人戦とあわせて3日間に。

 奈良県は卓球に限らず全競技「県予選」がなくオープン参加です。

ですから参加人数が多く、終了時間が遅くなることもあり今回変更されたようです。

特に県総体は参加者だけでなく応援の生徒、保護者で超満員、立錐の余地もない状態になっています。男女別にすることで緩和が期待できます。

運営される先生方のご苦労は大変だといつも思っています。