読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球部に入ってや!

中学校女子卓球部外部コーチの「部活中学女子卓球」限定の妄言

1年生ランキング戦(結果)

卓球練習

早くも2月。

最終下校時間が5時半になり1時間弱練習できます。

1年生のランキング戦終わる

県1年生大会の登録メンバーを決めるランキング戦が終わりました。上位7人が登録メンバーに。

接戦が多く、もう一度やればまた違った結果になるでしょう。レベルの高いところで競い合ってくれればいいのですが。

1年生大会は5シングルスの団体戦。

f:id:pinponone:20170202212002j:plain

エポックメーキング

今さらですが全日本の平野選手のプレーは「驚愕」そして「異次元」でした。

「ボールが煙を噴いているんじゃないかと思うくらい回転がかかっていました。あんな世界があるんですね。楽しかったです。」と、対戦した阿部選手に言わしめ、他の選手も笑うしかないというかあっけにとられてましたね。

一つの指針を示しました。

これからは女子もチキータやバックドライブをガンガン使う時代がくるのでしょう。

さて、ひるがえって「部活中学女子卓球」の目指す道はどこにあるのだろうか?

2月の予定

全部活が今月から平日は週1回休むことになって、女子卓球部は木曜日が休み。これまでも交代で週1日休んでいたから影響は小さいかな。

4日
強化練習会・・・参加予定、誠風(大阪)男山第二(京都)本宮(和歌山)岩出第二(和歌山)御浜(三重)小瀬クラブ(奈良)平群、春日、生駒、真美ケ丘

5日
香芝中学生オープン(個人戦)

11日
近畿少年少女講習会

12日
県1年生大会

18日
大阪国際招待

19日
県ジュニア選手権(参加未定)

22日~
テスト前休み

「部活中学女子卓球」はガラパゴス化していないか?

感想・雑感

全日本のライブ配信を見ていると、技術が飛躍的に進歩し昔なら決勝戦と言ってもおかしくない試合が初戦から繰り広げられています。

「ジュニア」の試合も同様「カデット」や「ホープス」もきっとそうなんでしょう。

さて「部活中学女子卓球」はどうだろう?10年前、20年前に比べ進歩しているのだろうか?

「部活中学女子卓球」のガラパゴス化

外部コーチに就いて思ったことは「中学女子卓球」は極めて特殊な世界だなーということです。あくまで「卓球」のみに関してのことですので他意はありません。

経験してきた卓球と全然違い、考えを改めるのに時間がかかりました。いや、今でも適切にできているか自信がありません。

ガラパゴス化をウィキペディアで調べると

ガラパゴス化(ガラパゴスか、Galapagosization)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島生態系になぞらえた警句である。ガラパゴス現象(Galápagos Syndrome)とも言う。

限られた環境の中で「最適化」を計るのだからガラパゴス化は悪いことではないが

卓球開始年齢がどんどん低年齢化しており同じカテゴリーを比較すれば昔より進歩するのは当たり前のことです。

そのうえ、望めばプロの指導者に幼少期から習えてもらえる環境も整っているし。

それに引き換え、部活卓球は開始時期も引退時期も決まっていて実質2年と少し、昔と変わっていません。できることも限られます。

その期間である程度の結果を出すのに適しているのが「粒高」を使う戦型。

粒高

  • 初心者が最初に戸惑う「回転」を無力化・・・回転が卓球の醍醐味の一つなんだけどね
  • やることが限られ迷いがないからミスが少ない・・・レベルが低いければ入れておくだけで勝てる
  • シェーク異質(B粒高)・・・何もしなくても回転の違いで勝てる、、、こともある

小学生や中学男子はめったに粒高を使いません。しかし中学女子卓球の粒高使用率は異常に高くなっている。

本校も例外ではなく、他校の粒高に対応できるようにしているだけですが「鶏が先か卵が先か」になってしまう。

以前書いたこともありますが外部コーチに就いたときの戦型が。

  • 中ペン粒高 5人
  • カットマン 3人
  • シェーク異質(表・粒高)1人
  • シェーク異質(裏・表)1人

ガラパゴス化もここまで進化発展すると崇高です。しかし困った、練習方法が思い浮かばない。

良い守備型は良い攻撃型が居てこそ伸びる、という信念は崩れ去っていくのでした。

 

書ているうちに「妄想」が迷走を始めたから今日はここまで。

f:id:pinponone:20170118202907p:plain

全日本選手権が始まりました

感想・雑感

昨日から全日本選手権が始まりました。

「ライブ配信」が試験的に行われ、各コートの試合が見られますね。

試験的なので不具合で中断になったり、また画質も若干ガクガクしていますが居ながらにして見られるのは嬉しいことです。

配信は20日(金)まで、21、22日はTV放送があるから、しないということでしょうか。

後藤杯に参加します

卓球大会・結果 感想・雑感

今週末に愛知県一宮市で開かれる後藤杯の組合せが発表されました。

本校から3人参加します。

A:長野、滋賀、愛知

B:岡山、鳥取、愛知

C:長野、埼玉、愛知の選手と

4人による予選リーグ戦、負けても翌日にコンソレーションマッチがあり、たくさん試合ができそうです。

レベルが高く簡単には勝てませんが経験を積んでまた団体戦に活かしてくれるでしょう。

卓球で「お泊り」できるのも楽しみかな。

ただ、土曜日の「部活対抗駅伝」と重なって走れないのを喜ん・・・いや、残念がっていました。

残った者がしっかり走ってくれるでしょう。

f:id:pinponone:20170116192148p:plain

県1年生女子合同練習会(2回目)

卓球大会・結果

心配していた雪も降らず、先週に続き1年生合同練習会に参加できました。

結果

f:id:pinponone:20170115182250j:plain

判で押したように3-1(4-1)が並び、一見すると楽に勝ったように見えますが、個々の試合は接戦が多く、勝負の綾で2-3に逆転する僅差です。

「勝った」というよりも「負けなかった」が正しい言い方かな?

さて本番まであと1ヶ月、しっかり練習しましょう・・・と、いっても予定が詰まっていて練習時間が取れないのが悩ましい。

f:id:pinponone:20170115200525j:plain

1/14の練習(練習場は意外に暖か)

卓球練習

数年に一度の寒気が訪れているが午後からの練習場は意外に暖かく10℃を超えていた。近ごろ何かにつけ数年や10年に一度とよく言われるが、それ毎年使われているような。

練習はいつもようにいつものとおり

数年に一度の良い練習ができたと言えればいいのですが、いつもの練習を淡々と。

ただ、卒業生の男子高校生が来てくれました、というか男子部と女子部の時間を間違った結果なんですが、相手をしてくれ感謝です。回転量の多いドライブを受ける良い練習になりました。

ダブルス・・・2年生対1年生のゲーム練習は凡ミスも少ないナイスゲーム。結果は0-3、3-0、3-0で2年生が一応面目を保てた・・・と言っていいのかな?

1年生

技術は上手くなっているが、試合の得点になかなか結びつかない。コース取りや、打つ打たないの等の判断が悪いのでしょう。始めて9ヶ月、まだそこまで求めるのは酷かな。

そしてレギュラー以外の2年生と5シングルスの団体戦は1-4で負け、微妙な結果に。もっとも2年生も強くなっているからな~

さて明日は2回目の1年生合同練習会に参加します。2回参加できるのは有りがたいことです。1年生大会のシードがもらえるよう頑張りましょう。

f:id:pinponone:20160910190902p:plain

気が早いが新入生の戦型や用具を妄想する

卓球用具・道具 感想・雑感

あと3か月もすれば新入部員を迎えます、今度で7回目になるのかな?

戦型や用具を決めるのに初めて関わった生徒たちも今年大学受験か。

さて、今年は何人入ってくれるかわかりませんが、遅くとも5月の連休明けにはマイラケットが持てるようにしたいです。

去年も連休前にラケットが届きました。

新製品も出ているし今からぼちぼち考えだしても早くはないかなと。

戦型

6人なら。

  • 中ペン粒高
  • カットマン
  • シェーク裏々(2人)
  • シェーク異質
  • ペン攻撃

8人ならカットマンとシェーク裏々に各1人増。戦型を揃えても「自分とは練習ができない」からな~

 

戦型は決められた枠の中から本人の希望で選んでいく形をとっています。

「中ペン粒高は1人、なりたい人?」

「は~い」

「カットマンは2人、やりたい人?」

「は~い」「は~い」

こんな風に決まっていきます。

 

小学生から始めるなら今はシェーク裏々一択ですね。

でも「部活中学女子卓球」はいろんな戦型、ユニークな戦型があってもいいでしょう。

*ペン、ナックル攻撃型

ラバーは「スーパードナックル」の1枚、裏面は裏ソフト。

f:id:pinponone:20170112213015j:plain

 

*シェーク

フォア粒高で攻撃、バックは裏ソフト。

フォア変化系表、バックはアンチ。

・・・・・

妄想です。